よくあるご質問

共通の質問

国土交通省の共通仕様書って何?

国土交通省では、国家機関の建築、土木の整備や保全仕様などを効率よく的確に実施するために、計画、設計、施工、保全などの各分野において技術基準を定めています。
共通仕様書とは資材の品質、施工法、段階確認から検査や試験方法等、施工する上で必要な技術的要求および工事内容ついて、標準的な仕様を示したものです。

平成30年4月、公園整備工事における仕様書資料「公園緑地工事共通仕様書」が改訂され、弊社のJGS-CC材に該当する針葉樹(スギ、ヒノキ)樹皮土壌改良材が新たに記載されました。
詳しくはこちらから

JGS-CCクレイとJGS-CCグリーンの違いは何ですか?

原料としてスギとヒノキを用いていますが、ヒノキの割合を多くしたものをJGS-CCクレイ、スギの割合を多くしたものをJGS-CCグリーンとしています。
ヒノキはアレロパシー効果と呼ばれる、他の植物の成長を阻害する効果があることから校庭などのクレイ舗装でニーズとして多いため、JGS-CCクレイはヒノキを多くしています。
また、スギはヒノキに比べると熟成が早く、一般的に熟成が進みますと多孔質構造になりますので、これが微生物の住処を増やすことにつながるため、植栽に向いているという理由から植栽向け土壌改良材JGS-CCグリーンはスギの割合が多くなっています。

どこで購入できますか?

弊社東京本社または支店で受注管理をしておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

NETISとは?

国土交通省が管理するイントラネット、インターネットで運用されているデータベースシステムです。新技術の活用、情報共有及び、提供を目的として新技術情報提供システム(New Technology Information System:通称「NETIS」)と呼ばれています。

参考URL:NETIS

環境に対してどのような影響がありますか?

木材資源の輸入が広がる昨今、日本の森林は使用頻度が少なくなっているために、間引き等ができておらず、十分に成長できていない木々が増えているのが現状です。つまり、日本の森林を元気にするには、森林資源の供給を抑えるのではなく、むしろ促進することが必要になっているのが現状です。

しかし、樹皮は未利用資源であり処理に困ってしまうことが供給の妨げの一つとなっていましたので、その樹皮を有効活用する方法を見出したのが弊社JGS-CC製品です。ですので、JGS-CC製品を使用することが、日本の森林を再生させる一翼を担っていることになります。

保管期間はどのくらいですか?

有機質土壌改良材を含んでおりますので、品質等を考えますと、基本的には保管せず、施工時に使い切るようにしてください。

JGS-CC®クレイ
JGS-CC®グリーン
ピートメリア®
よくある質問
事例と実績
ページ上部へ戻る